仕事に活きるセミナーを本当に活かす為には

近年、スキルアップを目的としたセミナーが多く開催され、人気を博しています。

セミナーによっては、受講した後簡単な試験を受けるだけで資格が取得できる物もあり、仕事に活きる事を目的に参加する人が多いようです。しかし、本来資格や知識が必要な時は仕事で必要になった時なので、働いている人が会社の意向に沿って資格取得、セミナー受講が一般的です。個人の意思で受講する場合でも、働いている人が今後役にたつと判断して受講するケースがほとんどます。

その一方で最近は、転職に備えてとりあえず受講する人が増えているのです。資格や受講履歴で履歴書を埋めると転職に有利になると言う受講理由ですが、本当に転職で有利になるのでしょうか。大手人材派遣会社が転職の人事担当者に調査した結果、約7割は資格を求めていないと答えました。その理由として一番多かったのは、知識よりやる気や人間性の方が重要だからと言う答えのようです。そもそも、自社で働く為に必要な資格は求人に書いてあるので、それ以外の資格でアピールされても、採用に有利に働くわけでは無いと答えた人もいました。

では、資格や受講は無駄なのかと言うとそうでは無く、転職でそうした努力をアピールしたいのなら、ただ取得した、受講しただけでは駄目だと言う事です。つまり、こうした知識、資格を有しているので、御社のこうした仕事のこう言った面で力を発揮出来ると、ここまでしっかりしたアピールが出来て初めて、資格、受講の価値があるのです。